2015年04月24日

次の目標は・・モントリオールへ

タイトルを防衛した事で、新たな未来に向かえます。
今回は、正直・・・あまりのコンディションの良さに不安を感じていました。一週間前には、既にピークコンディションのまま1週間程度が過ぎていたので、当日にピークを維持なんて出来ないのではないか? 実戦勘がどうか等・・兎に角、ケビンさんからもフィジカルの良さの報告は受けていましたが こんな時こそ魔の瞬間が訪れるのではないか?と正直思わなくもありませんでした。

また、反射や反応の鈍化も注意して見ていましたが何の問題もありませんでした。正直ほっとしています。

IBFからは、総会に先がけて ESPN スポーツイラストレイテッドに続きFIGHT OF THE YEARに選ばれたと云う連絡もありモントリオールへは、防衛して王者として参加しなければと云う気持ちもありました。

色々なプレッシャーや想いはあります。人間は、今あるものや地位を守りたくなるのが人情です。でも今、今までの様に気持ちでは攻める気持ち・・・メキシコのグアサベに向かった時の様・・もう、昨日の事より、 チームの皆でそれぞれのやれることを攻めて明日に向かいたいと思います。
posted by ・・・ at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

サバイバルマッチ

生き残った・・と云うのが感想です。今回、ファーランの公開練習を見た瞬間 今までで最も危険な相手だと直感しました。勝成にもここまでで一番良いコンディションできた挑戦者である事を伝えました。過去の試合の映像は観ていましたが、輪郭はそうなのですが細かい部分に関しては別人。特にパンチの打ち方や威力はかなり感じました。過去に同国人であるイーグルもタイ在住なのでアドバイスを受けているとすれば、こちらの動きに付き合わずカウンター。特に、入り際を左フック 右アッパーで起こし右ストレートを打ち下ろしてくると云う戦法で来るだろうと考えていました。

嫌な予感と云う処まではいかないのですが危機感は正直大きかったですね・・。
原因は2つ。勝成がキレキレの状態だった事。カウンターを食えばダメージが倍増します。
もう一つは、瞼に傷を負った事です。試合、10日程前に縫合 結果的に順調にスタートしたスパーの消化は40Rを超えた所で出来なくなりました。

悪いことはスルーして良い方に思考を切り換えれたのはやはりキャリアだと思います。
試合もキャリアがモノを言いました。序盤 強い攻めでメンタル的な圧力をかけポジショニングを変えながら
ポイントを奪います。5Rを上手く超えた7R カウンター等のリスクが多少減り距離が詰まり 更に相手のスタミナを削り始めた所でバッティングで出血・・8R KO決着を望む勝成にロープを背負いながら尚も危険なカウンターを狙い続けるファーラン・・本当に相撃ち寸前の際どいタイミング。こちらのコーナーでの打撃戦では
ファーランのパンチが傷口を擦りコーナーポスト越しに鮮血が降ってきました。

9R 試合が止まったのは残念でしたが指名試合や統一戦の事を考えると糧にして次の準備に向 かいたいと思います。何はともあれプロは勝つことが最優先 ホッとしています。
声援を頂いた皆様に心より感謝します。
posted by ・・・ at 13:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

トラブルや〜 試合当日情報

大した事は無いんですが・・(笑) 今週に入ってブログのサーバーにアクセス出来ず更新不可能な状態になってましたー。すんません当日にややこしい事を・・(笑)

今、オフィスです。当日軽量も無事済みました。勝成は、52.1のほぼリミット。ファーランは予想通りあまり大きくはなってなかったですね。体格的にフレームは大きいのですが筋肉の感じから膨れて来ない感じはしましました。

このタイの若い新鋭の ざっと過去の試合をもう一度見ましたが、参考になのはスタイルのみ メンタルやフィジカルの状態は過去最高だと思います。但し、あくまでも客観的にですが経験値や見てきたモノの差は大きいのでは無いでしょうか?仕草や雰囲気にまだ若さを感じます。いずれにせよ、自分達にとっては新たな目標や未来の扉を開ける試合です。

勝つためにやり残したプログラムは何一つありません。窓の外からは春の光が差し込み、いつもながら穏やかな気分で試合当日を迎える事が出来ました。
どんな困難な道程も共に歩んできた仲里ジムやチームライトニングKの仲間。スポンサーや協賛企業の皆さんに改めて感謝したいと思います。今日の夜も生き残り また新たな旅を続けられるようベストを尽くします。


posted by ・・・ at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

試合前夜

昨日は、ファーラン サックリンJRの公開練習がありました。正直な印象としては、今回の世界戦に向けてトップコンディションで来ていると感じました。体格は大きかったですね。トレーナーは、3KGオーバーと行ってきましたが、そりゃないでしょう・・(笑)前回の、Lフライでの試合が3月、それからの2KG前後の調整なので充分な食事を取りながらベスト出来ていると感じました。

はたして今日、アンダー300gでパス。下手な情報戦仕掛けやがって・・(笑)
でも、調子はベストでしょうね。公開練習では、過去映像と比べ物にならない鋭いパンチを打ち込んでいました。

ファーラン戦の見所ですが、コンディショニングは最高に仕上げてきていると思いますがメンタル面や経験の差がモノを云う試合に出来ればと考えています。単純に背が高いのはそれだけでアドバンテージはあります。
少なくともパンチの出処が見やすい筈です。当然、ステップインするところを左右のアッパーやフックのコンビネーションを使ってくるでしょう。カウンター狙いだと思います。特に前半は気をつけなければならないですね。

明日は、新しい未来の扉を開く試合。そして・・明日の今頃は会場に入る頃でしょうか?
もうひと仕事して今日は良く眠ることにします。
posted by ・・・ at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

連勝 あれやこれや・・

先週末には、仲里ジムのトップ選手が連日の試合でした。福岡の新鋭サウスポー 中山啓介選手を迎えての久々の大阪での試合。グリーンツダジム以来のキャリアの殆どを知る自分としても 3連敗中の久高自身も必ず勝たなければならない試合でした。2度のカウンターでのダウンを奪う快勝劇。試合前、多少の緊張が見られたのですが久高らしいカウンターで久々の勝利を掴みました。ここからキャリアの集大成としてのタイトル奪取に向かいます。

大学の後輩の坂典晃は、全勝で全日本新人王から順調な戦績を継続中の京口竜人選手と戦い1Rのダウンを挽回し 3R逆転KO勝利を収めました。お互いに右カウンターで倒し合う白熱の試合。1R倒されましたが、倒したカウンターよりもディフェンス技術に成長が見られた試合でした。紙一重の勝負でしたが、再び上に上がれば戦う機会があるかもしれません。

連敗を止める勝利 ターニングポイントになるかも知れない勝利。勝ちも負けもタイトルの過程にあります。勝つことの意味の感慨に耽ってしまう試合でした。

いずれにせよ、勝成に続く2人の連勝で未来の夢が膨らみます。
なかなか更新の余裕もないのですが、明日で世界戦まで一週間 また更新しますね・・。
posted by ・・・ at 16:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

試合に向けて

もう4月 後3週間です。相手のファーランサックリンJRですが、印象としてはタイの選手にありがちなムエタイの経験を感じさせる様なスタイルでは無く純粋な国際式のアップライトスタイルのオーソドックスボクサーです。父が世界王者と聞いていますのでキレイなスタイルはこの影響があるのでしょうね。170cmの長身からモーションの少ない左ジャブ タイミングの良い左フックを引っ掛け 右ストレートやアッパー。与えられた恵まれた背丈を生かした合理的なボクシングをします。

21歳 4年で31戦のキャリア。実に年間8試合程度のペースで試合をこなすタイのサラブレッド。日本では、宮崎 井上両選手との対戦経験があり(1勝1敗)僅か3敗 KO負けは無し。まぁ、背丈が高くジャブがそこそこ良いので捕まえるのは少し骨が折れますかね・・。

この試合は、新たな出発点となる試合です。現在のコンディションは良好。年末からの試合間隔も良い感じなのでこれからしっかりと対策をしたいと思います。なんか、面白んねー内容でした・・(笑)
自信っすか? 勝成に聞いて下さい(笑)

posted by ・・・ at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

IBF奪取・・あれから2年 

2年前の今日(メキシコ時間30日)今頃は メキシコの地方都市グアサベの野球場でIBFミニフライ級戦のウォーミングアップをしていました。現地時間では7時位だったのでしょうか? 日の高いうちから屋外のスタジアムに人が埋まり始め 日が沈む頃にはスタンドが完全に埋まっていました・・。透き通るようなラテンの空や爽やかな夕闇 カクテル光線 熱狂するスタンド 騒々しいブブゼラの音 何とも云えないプレッシャーや興奮 兎に角、目に焼き付いた風景や皮膚を撫ぜる乾いた風の感触 体の感性や感情が爆発しそうなのに冷静な不思議な感覚は一生忘れる事が出来ないですね。

ワールドチャレンジのラストチャンス。この試合をものにして今が始まったとも云えます。あれから2年・・2度の防衛戦 WBOとの統一戦 そしてIBF WBOを賭けた決定戦 意外にもながい時間の様に思えます。防衛して失って奪って それぞれが濃密なファイトでした。

サクラの季節、あの時から始まったのが今であれば また今から未来が始まるのかもしれないと・・本当は、
あの時では無く、人は毎日、何かが始まっているのに気づかないだけではないのか?等と・・(笑)
サクラは、散ってもその時からまた来年に向かって咲く準備をするんやろなぁ・・等と 当り前やんな?(笑

春の惰眠を貪りたいのにくしゃみをしながら恨めしげに窓の外見ながら仕事をしてますわ・・。
試合が近づいてきましたのでちょっと真面目に更新します。



posted by ・・・ at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

ジムワーク

目ェ痒いし・・(笑)昨日、試合の発表をさせて頂きました。来月22日大阪のリングで再び戦います。バタバタと決まった試合ですがトレーニングスケジュールとしては、大阪での下半身の強化トレ ケビンさんのところでの第一クールを消化して昨日、ジムでのコンディションの確認をしました。非常に良好なコンディションです。何か面白んねぇですよね(笑)あー目ぇ痒いわ・・。

取り敢えず経緯説明。年末に統一したWBOも含めた統一チャンピオンとしての防衛戦をしたかったのが本音ですが両団体の指名戦の期限がかぶっており 体は一つしか無い為、獲得するのに苦労したIBFのベルトを防衛していこうと云う決断を下しました。WBOランキングの2位には日本の有望な選手もいます(笑)もし、王者同士としてリングで戦えるのなら 刺激的なその時を楽しみにしたいと思います。

刺激的な未来の条件を満たすためには、ボクシングの終わりのないトーナメントに勝つ事が条件となります。
あいにくIBFミニマムウェートで対戦のオファーに対して応える挑戦者が見当たらず、ミニマムウェートに関しては義務である指名戦を待つことにしました。オファーがあったのは、一階級上のLフライの ファーラン サックリンJR またLフライかいな・・んでまた、Jrかい(笑)   印象は次回にします。

いずれにせよ、来月22日の試合は手放さざるを得なかったWBOのベルトやWBAを含めた統一戦を視野に 2階級制覇Lフライでの複数団体統一も狙った新しい1歩を踏み出すスタートでもあります。
また、皆で喜びを分かち合えるよう頑張らねば・・。
posted by ・・・ at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

海斗 静かに眠れ・・レクイエム

服部海斗が、2月24日午前11時この世を去りました。僅か17年の人生・・・人のココロの力が無限である事も、そして如何に無力かも思い知られました。先週金曜日に賢一と勝成と海斗に会いに行きましたが、既にその時は目の前で息を引き取ってもおかしく無い状況の中で海斗は闘っていました。勝成の声に僅かな反応をみせましたが、自分はもうタオルを投げてやりたい気持ちになりました。この一年近くも、1分のインターバルも休めず人の一生分も病と過酷な闘いを続けて来たと思います。

心の中で別れを告げてから3日間も・・お父さんに聞けば月曜日に兄弟の入試がありそこを越えてと話してくれました。人を思いやる優しい奴だったと・・・10年程前、わずか7歳程の頃 ツダのリングで陸と一緒に戯れていた事や、一昨年12月に勝成のスパーに付き合ってくれて鋭いパンチを放っていた再会の驚き…汗を吸った擦り切れたリングシューズが胸によぎり心が痛く苦しくなります。

親族の皆様の心痛は想像も出来ません。見当たる言葉もありませんが、今出来る事は、海斗がやりたかったボクシングが出来る事や健康で明日を迎えれる事の感謝を胸にやるべき事をやって海斗の分も生き抜く事です。
時間を無駄にせず生きようと思います。

KAITO 静かに眠れ・・・また会おう! 

posted by ・・・ at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

Where there is a will, there is a way.

意志有るところに道は開ける。
この言葉は、高校生の時に出会いました。大学 社会人になり起業した時に自分の言葉にする為に、開けると云う字を拓と云う字に変えました。(笑)本来は、開ける 開かれるが正しいのですが意志を持っているのに何か他力で開かれるみたいなニュアンスに抵抗があり、自らの意志に連動するのなら開拓の拓けるやろ!と天邪鬼なところを発揮して[意志あるところに道は拓ける!]の俺だけオリジナルに変えました。(笑)もう、10年位前のブログにかいたのですが、勝成の[己に勝つ!] とのセットで自分達やチームを支えてきた言葉です。

昨日、映像を見ました。 いろいろと記憶が蘇ります。
まぁ・・忍耐力と我慢のいる試合でした。我々の経験では無効試合になったジョイ1戦目の悪夢は避けたいし大平選手相手に、パワーセーブして流れを持っていかれるのは避けたい事でした。
何とか4Rまでは、圧力をかけながら凌がないとと考えました。8月の統一戦を失った追試は後の無い試合でしたし、スポーツイラストレイティドやESPNの年間最高試合に選出されたことも気負いにならない様に・・とにかく後のない気持ちになっていました。海外にガーンと勝負に行くよりも、今までで一番プレッシャーを感じていました。

確信していたのは、同カードでSバンタム級の天笠選手を凌ぐ勝成の胸囲等に裏付けられたフィジカルパワーです。ローマン戦以降のワールドチャレンジや国内復帰戦 8月の試合もはすべて実質的にLフライ フライ級の選手相手だったので唯一この試合は、ほぼ同じウェートを主戦場とする者同士、フィジカルで押しまくれると感じていました。いつから仕掛けるか? 試合成立をさせた5Rからでした・・。
勝成は、いきたがって苦笑しました・・「こんな感じですか?」とか「こんなもんですか?」みたいな・・怪我したらコワいから我慢せえぇ。っちゅうねん・・(笑)5Rからは、入場曲を変えたテーマ通りロッキーみたいな攻めまくるボクシングでしたね。それにしても、怪我しいへんで良かったー。

ボクシングの技術も大切ですが、この試合は試合前「3つのタイトルを奪った事も全てを忘れ無になって、ただひたすらにタイトルを奪いに行く試合。そしてボクシングの原点に戻ろう!」と声をかけた試合でした。
豊富な経験の裏付けで、パワーをコントロールし5R以降 一気にプレスをかける・・。海外でのキツい経験から得た誤魔化し(笑)それにしても、4Rの花形スペシャルにローマンのパワーがあればヤバかったっす!!

信条の言葉を胸に、新たな挑戦を初めたいと思います。
 

posted by ・・・ at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする