2015年09月24日

秋の雨 天気予報9月27日は雷雨

昨日までの爽やかな天気とうって変わり今日の大阪は雨です。
今日は14時から公開練習ですが実質的に勝つ準備はほぼ完了しています。この試合は、ミニマム級でのキャリアハイに向かう試合と云う位置づけです。ようやく筋金入のミニマムウェートになりつつあると感じています。ミニマムでのピークへのアタックの為に決して落とす事の出来ぬ一戦となります。

この10年程の間、イーグル 新井田 ローマン ジョイと云った防衛数の多い強豪とのタフなファイトが続きましたが、今日現在、このウェートでのバランスのとれた完璧なコンディションに近い状態です。体格的タイプ的には今回の防衛戦の相手の原選手は、サイズ的には新井田 マリオロドリゲスに近いイメージです。バランスのとれた攻防技術 アマ経験も豊かな選手です。世界戦のリングの怖さはキャリアを積む程に増して来ているようにも思えます。決して慢心せず世界戦で過去に戦ったファイターと再戦するイメージで準備していますよ(笑) トラブルに陥ること無く勝つ事は望んでいますが、どんな時も勝機を探し勝つ事を優先します。ファイトプランとイメージは出来上がっています。

私的天気予報ですが、9月27日の府立のリング上は雷雨ですね(笑)
稲妻と落雷が轟くライトニングKの夜になると思いますが・・。
posted by ・・・ at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

モデルチェンジ

いよいよ後、1週間程ですが今日でひとまずの目処がつきそうです。最近は筋量も増加し減量も10キロ近くしなければなりません・・なかなか調子が上がらず、うぇ? あ、マズイな・・(笑)でもまぁホンマの事やから。工夫やいろいろと苦労もありますが、もう出来ちゃいそーです。(笑) 後、今日の夜さえクリアすればもっとテンション上がるのですが、ようやくキツかった1ヶ月が終わります。

ボクサーのモデルチェンジはなかなか出来るものではありません。ここの所、やや荒っぽく力任せに仕掛けてきましたがこの機会にもう1度弱点等を洗い直したいと考えて、WBCやWBAの王者の時の映像と最近の試合の映像を比べたりしています。随分と変貌してきたと思います。技術が洗練され無駄がなくパワーもついて来ています。カルロスメロとの試合は1回目の技術のピークかもしれません。海外挑戦時代で2回目のピークはジョイ2戦目、実際この頃のジョイは、あのローマンゴンサレスより強いと感じる程でした。もし、この頃の勝成なら確実に次の試合は何の問題も無く圧勝でしょうね(笑)

まぁ勝負の世界にたらればは無いので、年齢を考えても原戦は第3の新たなピークに向かうのか現状を維持するのか 若しくは王者としての陰りを感じる分岐点の試合となってしまうのか?を問われる試合になると感じます。冷静に考えるとこんな感じでしょうかね。

ほんで、結論はどーなんや? ですよね・・ 
勝成の言葉を借りて表現すると、いいですね。ですわ! 何がどうええねんな・・(笑)
試合開始早々から襲いかかってきてポイントのピックアップに出てきても アウトボクシングに来ても必ずコチラのリズムに巻込んでライトニングの世界に引きずり込みます。あ?ちょっと待って・・(汗) 勝利宣言は、今夜の練習を怪我無く終えてからですねっ。

今夜、無事練習を終えれば温泉にでも使って美味い会席料理でも食べていつもの様にリラックスしますわ。
posted by ・・・ at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

ウィークポイント 今、やるべき事。

試合まで2週間をきりました。いつもの事ながらこの時期は、練習のピークであり疲労とも上手く付き合う必要もありながら実は一番怖いのは怪我です。1日1日が薄氷を踏むような思いでメニューを消化して行くのでこの時期が一番消耗しますね。(笑)年々、神経が細くなっていく様です。

ワールドチャレンジの時は、試合がちゃんと開催されるのかどうかや現地の環境 気候なども含めもっとシビアな部分があったのですが逆にいつでも出撃出来るような研ぎ澄まされた状況がありましたが、それに比べると随分と調整は楽ですね。

今やるべきことですが、兎に角コンディショニングに集中する事です。6年前 ワールドチャレンジ時 国内復帰以降のDVDをチェックし直しました。技術やフィジカルは進化していますが、ここ数試合は荒っぽさが目立ちますね。まずは、現在修正出来る事を確実にやりたいと思います。原選手に関しては、3つ程(笑)弱点は見つけていますがそこを衝けなくては意味がありません。
今は、ユーチューブやその他 情報がいくらでも手に入る時代です。それでも先ずはこちらのコンディションを完璧にしたいと思います。
posted by ・・・ at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

決戦まで2週間

昨日、東京での記者会見を終え社業をしています。勝成はケビンの最終トレのチェックを終えると今日夜に合流の予定です。概ね順調だと感じています。デビューは、Lフライで全日本新人王 約15年をミニマムウェートで戦っていますが最近は大平戦を除き、実質的にはLフライ フライウェートの選手との対戦が多かったように思います。ボクサーにとっての適正ウェートの見極めは最も大切な事の一つですが、自分は骨格の様なフレームと身長は重要だと感じています。

原選手 身長的には思ったより小柄でしたね。まぁインターネット等の技術革新の高速化で映像や情報が簡単に入手できる時代なので年々、研究されているなと感じる様になってきていますし筋肉量も増え年齢と共にピーキングも少し難しくはなってきていますが、21歳でWBCを獲った頃に比べ格段にフィジカルや技術は進化しています。

リングの上では何が起こるかと云うボクシングの怖さも経験と共により感じる様にもなって来ていますが、入念にイメージトレーニングを行い試合当日にベストコンディションに持っていく事に今は集中したいと思います。
posted by ・・・ at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

秋の防衛戦

今年は、猛暑から一気に秋の気配が漂います。もう1ヶ月を切りましたが、ふと考えると9月の世界戦と云うのは記憶にないですね。西日本新人王の決勝の楠戦 ヨハネスブルクの世界戦略緒戦のレフレ戦が9月だったかな・・。ガチの本命の楠をワンサイドで破った西日本新人王の決勝や南アでレフレに勝った事が、今に至る転機になった事を考えると9月の試合はゲンがいいのかも知れません。が、(笑) 自分たちはゲンなど担ぎませんよ・・。担ぎたくはなりますが、ボクシングはそんなに甘くないですから。

原選手ですが、唯一の1敗は現WBO王者の田中恒成選手 試合展開はほぼ互角の内容でした。対応力があり技術的にも纏まった元日本 東洋王者です。あくまでも自分の感覚ですが総合力 経験 ベストコンディションで戦えば試合を失う事は無いと考えています。

世界王者は頂点なので、試合を失えばただの世界ランカーです。世界王者かそうでないのかの大きな隔たり・・この試合、2人の日本のトップのミニマムウェイトの世界王者と日本 東洋の王者を奪い再び頂点を目指すチャレンジャーの激突となります。いつの世も強いものが勝つのでは無く勝った方が強いと云う事です。

決して油断はしませんよ。やるべきことは唯一つ、ただひたすらにコンディションを整えたいと思います。
冷静に平常心でいつもの様に・・戦いに向けた準備をします。
posted by ・・・ at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

ほんまにやっとの事で・・

やっとの事で試合の報告が出来る運びとなりました。9月27日大阪府立体育館において大橋ジムの原隆二選手とIBFミニマム級の防衛戦を行う事になりました。

今回は、かつてない程マッチメイクに苦しみました。先に報告させて頂いたファーラン戦の寝耳に水の再戦命令は、幸運にも両方の目の負傷が鮮明なスロー映像により証明された事で撤回されました。改めて今の時代のデジタル画像の優秀さとチームスタッフの献身的努力に救われました。もうエエですわ・・こんなキツい交渉は。

次に、6月末までに消化すべき指名試合の相手が指名挑戦者決定戦の再三の延期により決まらず、再戦問題にケリがついた後 大橋陣営との合意の直後 職権で指名挑戦者が突然決まるというまんの悪さ・・。紆余曲折がありましたが、原選手との対戦が正式決定致しました。という事で急遽準備をはじめています。
本来は、少しインターバルを空けて指名戦をと考えていたのですが原選手・・唯一の1敗がWBOチャンピオンの田中恒成選手ですか?頑張らないといけませんね(笑)

何が怖いってやはり大橋会長でしょう! もう高山には、10個の弱点がある。とか・・怖い事を言われそうで恐々としていますが、冷静さを保って準備したいと思います。
posted by ・・・ at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

再戦命令だと・・

先般のモントリオールでのIBF総会は、カナダの往年の名選手マシューヒルトンの横で食事をしながら 他団体との統一戦や刺激的なカードを模索する中でと言うか妄想する中で(笑)波乱のラストナイトを迎えました。何とファーランサックリンJRとの再戦命令の可能性を言及され、そして数日後、その事は現実となりました。
何言うとんねん?ですわ・・

フーラン選手の父親は、IBFのミニマムのベルトを7度?防衛しあの試合はタイで全国放映された様です。判定の内容や途中経過に関しては何のクレームも無かったとの事ですが、JBCの中村レフリーのバッティングのオフィシャルへの指示が明確でなく タイ陣営は第8Rの勝成の傷はパンチによるものであると主張。立会人であるリード氏も記憶が曖昧で明確な指示があったのかを回答できなかったためVTRを検証。

IBFは、VTR検証の結果 パンチであるともバッティングであるとも明確に確認できないものの中村レフリーの
オフィシャルへの指示の瑕疵の可能性を認め再戦相当との結論に達した模様です。

ま、試合前から負傷していたので出血原因が曖昧なのは理解できますが傷が開いたのは明らかなバッティングでVTRでも確認が出来ています。問題は、我々の陣営への連絡が遅かったことです。総会のさよならパーティーの直前とは・・(笑)えらいサプライズ演出をしてくれたものです。

タイ側の心情は理解できます。そりゃ自分の選手に再度チャンスを与えるためにbestを尽くすのが仕事ですから。

でも結論から云うと承服できませんね。まず、試合経過に於いてタイ側も認めていますが試合を支配していたのは勝成であり プロの立場から云うと他で出来るできないは別にしても次のマッチメークの模索をしているのにダイレクトでの対戦命令は乱暴な話です。直ちに、IBFに第8ラウンドのアイホーンではありますが、レフリーがオフィシャル席にバッティングのあった旨を伝えている明確な映像がある事と、我々が経験したええ加減に管理された海外の世界戦でもレフリーの裁量権とリングの中での権限は絶対的なものの筈です。(ルールミーティングでも明白)
いつも思う事ですが、海外の世界戦に比べJBCの試合運営に於ける管理は完璧です。(時間やドーピング検査等) この事は、過去のこのブログでのJBCに対する意見とは別の次元の問題です。海外で戦うのと国内で戦うのは立場も違いますが、海外のローカルコミッションのええ加減さを知る者としては心強く感じる部分でもあります。

ひでぇ話ですが、フィリピンのバギオなら負傷を理由にTKOと云う判断を下されている可能性すら俺も勝成も否定はしません。しかし、今回の世界戦に於いてレフリーはそもそもIBFが任命ししています。
現在は、ややペンディングに近い状況まで押し込んでいます。以上が現在の状況です。ま、良識的判断を得れるようこちらも主張すべき事はするつもりです。

本当に戦う必要があると判断されるのなら、拒否はしませんが合理的な判断を徹底して要求しますわ。
posted by ・・・ at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

海斗へ

海斗 闘病の疲れを癒しているか? もう そろそろ体動かしたくなってるやろ(笑) 兄貴と陸 勝ったで! 当然 観てたやろうけどな。相変わらず色んな事でバタバタしてて俺は行けんかったけど勝成とか皆で応援に行っとったわ・・。良かったな。そっちは強い奴おるか? おう頑張れや・・。また会おな。

もし、電話で服部海斗と話せたらこんな感じですかね。2月に若くしてこの世を去った服部海斗の想いを継いだボクサーが昨日 それぞれに勝利を収めました。まずは、WBAアジアミニマム級チャンピオン 加納陸と Lフライ級で勝利を収めた服部力斗を心から祝福したいと思います。2月、丸元会長の海斗のリングシューズの写真を見たとき不覚にも涙しました・・。男は何があっても泣くな。くらいに思っていますがホント辛かった。
怒りや感情のもっていきようを探したら、海斗がやりたかった事を引き継ぐしかないのでしょう。良くやってくれました。

これから先、タイトルまでは途方も無い道程です。防衛する方も並大抵ではありません。
未来に・・ 陸と力斗の今後にエールを送りたいと思います。力斗 ひとまず タイトル取るまでは泣いたらアカンぞ。
posted by ・・・ at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

梅雨かぁ・・

何となくすっきりしない気分ですが、ま こんな日もあります。昨夜、田中ーイエドラス戦を映像で観ました。ほぼ会場で見たのと印象は同じ様な感じでしたね。何か、勝成とイサックブストスとの試合に重なる部分もありました。無骨で不器用ながらフィジカルの強さで圧力をかけてくるメキシカンを日本の新鋭ボクサーが上手くアウトボックスしてあしらいました。

出来れば近い将来、4団体の王座統一に向けた統一戦の幕を落とす試合として南アのWBAのブトラー WBOの田中恒成のどちらかと統一戦を実現させたいですね。

ただ、それまでに何を片付けなければならないのか?指名挑戦者の決定戦も延期された模様です。まずは勝成の目の上の傷を癒してコンディションを維持する事が鮮血・・あ?間違ごーたわ(笑)先決ですよね・・。
あースッキリせんなぁー。
posted by ・・・ at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

再開します。

仕事でバタバタしていた事もありますが、サーバーか何かの設定の問題かブログにログイン出来なくなり暫く更新が出来ませんでした。先日、やっと復旧しました。
パッキャオVSメイウェザー戦 やその他 更新の準備をしていたのですが機を逸してしまいましたね。またの機会に・・

先日の日本最速世界王者を獲得した田中恒成VSジュリアン イエドラス戦あたりから始めたいと思います。
この試合、たった4試合しかプロの試合の経験のない選手としては素晴らしい内容だったと思います。
このキャリアで世界戦を戦うと云うのは、フィジカル的にもメンタル的にも驚異でした。特にフィジカルにものをいわせてプレッシャーをかけてくるイエドラスの猛攻を凌いだメンタルの強さは楽しみな選手だと思います。勝成の保持したベルトでしたが、同じ日本国内の選手の手に渡った事を嬉しく思います。
統一戦をやりたいと言うのは勝成も同じでしょう。

現在、次の試合を巡り難問が山積です・・。ま、いい事も悪い事もですが(笑)
これからこまめに更新します。
posted by ・・・ at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする