2016年05月11日

カムバック

ここ暫く魅力的な世界戦が続きました。社業で多忙な日々ですが、内山選手の陥落はやはり重量級の怖さを感じると共に、改めてコンディショニングについて考える機会を与えてくれました。安易に再起を期待しますとは言えないですが、本当に強い王者らしい王者の今後を見守りたいと思います。

先日の井上 八重樫両王者のW世界戦は共に世界戦らしい白熱の試合でした。井上選手のパンチの打ち方は凄まじいものがありますね。更に磨きがかかってきた様な気がします。
持ち味であるナチュラルタイミングで放つカウンター プレスのかけ方・・1980年代のIBF WBA WBCを制したウェルター級王者 ドン・カリーを思い出しました。カリーは的確で貫通力のあるソリッドなパンチ バランスの良さと目の良さでプレッシャーをかけ無駄打ちせずカウンターで相手を仕留めていましたが、井上選手は更に速いコンビネーションがあり対峙すると凄いプレッシャーを感じると思います。
感心してる場合や無いですね・・・(笑)
八重樫選手は、人生を生きる勇気を貰える様な相変わらずの激闘・・いやホンマ 感心してる場合やないですわ・・。(汗)

やっと年末のアルグメンド戦を映像確認する気になってきました。ベストなフィジカルを作りながらキレや精彩に欠き不完全燃焼でタイトルを失った試合は克明に記憶しています。
直ぐ確認する映像5ヶ月も放りっぱですわ・・・でもここからかしか始まりませんね教訓を活かす為には。また、報告します。

ここまでより更にそれ以上を目指さないとカムバックの意味がありません!
先ずは、世界タイトルの再奪取の最短距離を狙います。ターゲットは、WBOミニマム WBA IBFのLフライです。
posted by ・・・ at 11:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

始動 サクラの季節!

大阪は花曇りです。3年前、大阪城公園の桜を眺めた時はメキシコのグアサベからIBFのタイトルを持ち帰った時でした。あれから3年、もう3年・・最初のWBCにタイトルを奪った時も桜が満開でした。あれから、12年?
恐ろしいワ・・(笑)

年末の世界戦以降、積み残した仕事に忙殺の日々でしたが一方で初めての地元大阪で失った試合の映像を観ていません。観るまでも無く何が起きたのかはわかっていますし悔しい気持ちもあります。寧ろ、他の試合より鮮明な記憶があるくらいです。あーもう・・(笑)簡単に言えば「けったくそ悪いんじゃ!」云うとこですかね。

3年前 12年前 そして今咲くサクラ。しばしの間、人々の目を楽しませ散りゆき又来年新しいサクラが咲きます。また、新たな2度とは出来ないと思える何かに向かって・・・小雨の降る大阪で信じられない位の観光バスの連なる大阪城の風景を眺めながら次の新たな挑戦に向かって心の中で何かが発火して来るのを感じます。試合の映像でも観てみるとすっか・・

4月からは、ジムの新鋭 ベテランを含め大切な試合が続きます。何とか仕事をやりくりしリングに戻りたいと思います。
posted by ・・・ at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

少し休養します。

不完全燃焼・・当てはまるとしたらこの言葉でしょうか・・
フィジカルのコンディションは完璧でした。そしてメンタル的にも悪くは無かったと思います。なのに爆発できなかった。

年齢の事も含めいつも注意深く観察を怠りませんが、自分も含め試合当日も少し神経質になっていた部分はあります。集中力を高めリラックスして試合に臨む。何かが少し違和感がありました。敢えて言うとすれば、試合を失うのはこんな時なんだな・・みたいな感じがありました。与えられた環境と状況で可能な限りのベストは尽くしたと思います。

フィジカルも気持ちの強さも互角以上 技術や引き出しは勝成が上回っていたと思います。
しかし、今はアウェーの日本で厳しい減量と闘い試合をものにしたアルグメッドを称えたいと思います。無骨に本当に純粋無垢に試合に勝つ事に対する思いに気圧されてファイトプランを実行できず初めてホームタウンで試合を失いました。

1R終了時には、赤く血の滲んだ目の上を見て引き出しの整理もできず(笑) アウトボクシングもインファイトも燃え尽きることも無く試合が終わってしまった・・と云う感じ。

ファンの皆さんにはプロとして心を震わせる試合が出来ず申し訳ない気持ちですが、いつかまた、この現実を受け止めた上でエンジンに火が灯る時をお待ちいただければと思います。くそ〜・・クソッタレと自分に言いたいです。(笑)次考えるのは明日のこと。明日や!明日・・その前に少し休養ですね(笑)
posted by ・・・ at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

仕事始め

明けましておめでとうございます。
まずは、年末の試合はとても残念な結果に終わりました。特にファンの皆さんには声援心よりの感謝をさせえて頂きたいと思います。

正直アルグメッドの夜でした。コンディションは、フィジカル的にはbestでした。
自分なりに敗因の一つは、気迫負けかなと思います。試合前、勝成は「中出さん、グアサベの気持ちで・・」と言いました。勿論、どんな試合も精一杯の努力を惜しまず出来る事は全て済ませて試合に向かいます。グアサベの気持ち・・守る意志などさらさら無く孤立無援のアウェーで戦う気持ち。少し入れ込んでいましたね。
今までの試合に無く力みがありました。

気持ちの強さで負けたとは言いません。気迫に気圧された感じですね・・あくまでも自分の感覚ですが、勝成のボクシングが出来ず、結果的にはbestを尽くしたにも関わらずパフォーマンスの発揮できない消化不良の試合となってしまいました。アルグメドの無垢で一途な王座奪取への思いに気圧された・・勝成も本能的に気持を強くと感じていたと思います。だからグアサベと・・

後から振り返れば、ホームタウンなのでアウトボクシングに徹するクールな闘いに徹する練習を積んできました。試合前には、クールに行こう。熱くならずにポイントをピックアップしよう。と言うつもりが、「敵地で戦う気持ちで闘おう。」と掛け声を発している自分がいました。世界戦を15試合以上戦っているのに駄目ですね・・。セコンドが熱くなってしまったら・・。自分にはその責任があります。何れにせよホームタウンである大阪で初めて試合を失いました。

足の無いアルグメド 離れれば怖さはありませんが、中間距離で思いのほかパンチが伸びてきました・・機動も避けにくくここで多少被弾して、両者のパンチのあたる接近戦で負傷を気にしながらの打ち合いの応じてしまった結果、方向性のあやふやな試合にしてしまいました。
変に頭が醒めてハートも熱くなりきらず・・その事がとても残念です。

試合前から決めていた事ですが、ひとまず目の上の傷の完全な治癒の為に休息の期間が必要だと思います。
どんな事でも始まりがあれば終わりがあります。一つの事が終わるにであればそれは何かの始まりかも知れません。ここしばらく連戦が続き、特に昨年はリング外での厳しい交渉の強いられた年でもありました。
次のことは、時間が決めてくれるでしょう。暫くは加熱してしまったエンジンを冷まします。社業を頑張ります。
posted by ・・・ at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

試合展望

試合に向けて現状でやれる事は、ほぼ終わりつつあります。後は明日から始まる世界戦への恒例の行事、予備検診 調印式 計量 ルールミーティング等に入ります。ここまでのコンディションは、31日 ゴングに合わせてのピーキングに向けて順調です。

決して楽な試合にはならないと感じています。おそらくタフさ 特にメンタルとフィジカルの強さは過去の選手の中でも最強に類するものと考えられます。練習を見る限り、ボクシングが変則でとにかく右も左も分類不能。シンプルに来るパンチを外して打ち込む事の繰り返しを粘り強くやる事。速いボディワークやでフェンス技術を駆使して被弾を防ぎ隙を見てカウンターで迎え撃つ・・。特に立ち上がりは、タイトロープを渡るような試合になると思います。

今回は、結構 状況やリングの場所 起きうる状況を想定したイメージトレーニングを徹底してやって来ました。アルグメッドが勝成に勝つとしたら状況は限られます。その状況への対応策は既にたてています。
前回の原選手よりキレやスピードがあり ジョイやローマン或いは、それ以上に思えたマリオ ロドリゲスを上回る程のパンチ力があり 更に負傷が追い打ちをかけてくるケース・・まぁ考えてたくは無いですが、想定される最悪のケースはそういう状況の中でしか生まれないと云えます。まぁ大番狂わせですね(笑)

今回の試合の鍵はスピード。3Rまでにスピードが上回れば後半パワーで押し切れると思います。
最後まで注意深くやります。タフではなく楽な試合になるように。

posted by ・・・ at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

印象

アルグメッドの印象ですが やはり少ない手がかりの映像通りタフなメキシコのブルファイターですね。器用ではありませんが、武器は心の強さだと思います。来日してからの練習の8割がサウスポーでの練習です。BOXRECを見てもオーソドックスなんですが、メキシコの選手は好んでスィッチする選手も多いですから頭には入れておくことにします。

減量はやはりここ1週間で一気にペースアップするつもりの様ですね。とにかく長時間の練習をやっているようです。いよいよ最後の調整です。年末に重なってキツイわー。

posted by ・・・ at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Merry Christmas! Merry Christmas! 戦闘は既に・・

もう、2ヶ月も前からゴングはなっています。クリスマスイブと云うのに色気の無い話ですわ (笑)正直、今回のメキシコ陣営に関しては頭の捻る事が多いのですね・・。
先日にアルグメンドと対面しました。仲里ジムで練習時間をズラしてトレーニングしたのですが、トレーニング後、ホテルに戻る前に律儀にも勝成と会ってと云う事なので実物を見る良い機会と考えたのですが・・あれーぇ??

えらいデカいやん・・。と云うのが感想でした。勿論、レコードではフライ バンタムでまで経験のある選手。フレームの大きいのは想定していましたが、ウェート大丈夫かー? と云うのが印象です。おそらく勝成と対比してもリミットまで後、5キロ位はある印象です。自分の目に狂いは無いと思いますが・・
(笑)自分の心配する事ではないのですが、俺なら敵地でコワくてあんなリスクのありそうなコンディショニングは出来ないですね・・。メキシコのメディアでは、非常に緻密に万全の準備をしてKOで王座を奪うらしいのですが。かなんなーコワい事言うしー(笑)ホンマかいな。

今日、公開練習がありますので技術的な事は多少わかるでしょう。言えることは途中経過など関係が無い。全ては、12月31日 午後7時半のリングの上で回答を出すだけだと思っています。
アルグメドに関してはとりあえず公開練習を観てみます。
posted by ・・・ at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

健太頑張ったな。アルグメドが来た。

週末の試合、仲里ジム新鋭の野村健太が課題の残る(笑)快勝で来年の新人王戦に良いイメージで望めそうです。2連勝で迎えたこの試合、長身にフットワークを活かしリードジャブで試合を支配 自らのホールディングで失った1点はありますが、4R全てのラウンドを無難にこなしました。12月に連戦の続く仲里ジムの沖縄のキャンプ組第一戦は、まずはきっちりと獲った感じですね。ハードヒッターの坂 勝成と2トップのベテラン久高 最後のトリは勝成で4連勝といきたいですね。  あ?キンチョーしてきたわ・・

プロテストでは、新たなプロボクサーが1名誕生。来年に向けて仲里ジムも着々と選手が育っています。

ホセ アルグメド予定通り来日しています。なんと着くなり いきなり関空の駐車場で40分のロードワーク・・その後、黒門市場で寿司を食ったらしいのですが、ラテン系は考えてる事がわかりません。(笑)

いやいや、笑ってられへんか・・(汗)とりあえずと云うか、考えても答えの出ない事は考えるだけ無駄なエネルギーを食うので、こちらは兎に角コンディショニングとピーキングに専念します。

30日の計量クリア 31日7時半のゴングに完璧なコンディションでリングに上がる事のみに専念します。
それぞれで活動していライトニングKのメンバーに感謝しつつ。
posted by ・・・ at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

わからん・・・

正直、コンディションは最高です。コンビネーションの繋ぎや反応が速く パンチの切れやパワーも揃ってきた感じです。ここ数年の課題であったパワーの抜けたパンチも顕著に減ってきています。フェイントや捨てパンも含め緩急の切り替え等も含め順調にトレーニング計画を消化している感じがします。試合に活きるかどうかは別ですねどね。(笑)だけど、今までは想定が大きく崩れた事はありません。

しかし・・わからんわ(汗) 今回のメキシコ陣営。異例の早い来日といいやる気は感じますが意図は理解出来ないですね。ボクシングも良くわからない・・スマートでは無く粗っぽい殴り合いとの印象も変わりません。ただ、1番の印象は勝負を捨てない頑丈でタフそうな感じがします。雰囲気は、スれていないメキシコの地方の青年で気持ちが強く実直そうに見えます。一番警戒している点はその辺りですかね。

タフな消耗戦でも接近戦でも準備は出来ています。確実にパンチは命中するでしょうね。ただ、頭を下げたケンカボクシングに付き合って古傷を悪化させる可能性はあります。そろそろ、敵地で戦ってきた強引なボクシングからスピードがあって面白い大晦日に稲妻が轟く様な試合が出来ればと思っています。

とりあえず恒例の温泉にでも行って美味いものでも食べましょうかね。(笑) 一つ明確に言える事は、前回の試合を上回るコンディションである事です。ここまではですが・・。
posted by ・・・ at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

15戦目の世界タイトルマッチ。

世界タイトル15戦目なんですね・・。そんなに世界戦を戦ってきたのかと云う印象です。悔しい負けもありましたが、今 現役でまた世界戦を戦える事に感謝したいと感じます。苦しい事や逆境もありましたが、応援して頂いた皆さんや共に付き合ってくれたジムやスタッフの皆とは苦楽を共にしてきました。

アルグメッドの情報は少しずつ入ってきています。1日6時間の練習 24時間ボクシングの世界王者になる事を考え 勝成とは24R戦えるスタミナを養成しているとの事(笑)コワい話です。挑戦者が勝てば世界王者 王者が負ければ単なる世界ランカーになる試合なのでそらそうですよね。少なくとも勝成と戦うのであればスタミナが不可欠であるとの認識やアプローチは間違って無さそうです。

このアルグメッドですが、過去ミニマム級で戦ったのはただの一度。バンタム級 スーパーフライ フライで8試合 その他がライトフライ級で戦っています。バンタム級ですか・・。21日に来日予定らしいですがどんな体重で来るのかが気になりますね。日本より温度差が激しく 少しだけ気温が高い地元の環境から考えると、もし自分達の経験から考えると、26 27日の来日を組むはずです。飛行機内やホテルの環境を考えるとギリギリまで地元で調整 機内で睡眠を確保 現地で調整が我々のやり方なのですが・・。いくら日本が快適で清潔な環境の国とは云え敵地で10日もいるというのは意図を測りかねます。

まぁ相手の考える事は相手に任せるとして(笑)こちらは順調です。コワいくらいです。いつもこの時期はコンディショニングでは本当に細心をはらう時期です。期日が決められているので怪我 病気等は言うに及ばず極論を云うと今、絶好調なんて意味がありません。要は当日の試合開始時刻にピーキングに成功するかどうか・・。この相手は、バンタムまでの選手との実戦経験があるのでそのウェートの選手のパンチに耐えた経験があると云う事です。慎重且つ大胆に相手を良く観察して試合を進める必要がありそうです。

トレーニングの打ち上げまで、忍耐の10日間程が始まりますね・・。
posted by ・・・ at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

メキシコからの刺客 ホセ アルグメド

指名挑戦者のホセ アルグメドですがこのインターネットの時代に考えられない程映像資料がありません。前WBC世界王者のオズワルド ノボアに10Rを戦って勝った実績があります。

以前、当時のWBC世界王者であった中国の熊とノボアの試合を勝成と海南島で観戦しました。熊が防衛すれば、IBFの王者である勝成との統一戦が実現していたと思われる試合はTKOでノボアが新王者となりました。

生で観たノボアとの映像資料を観ましたが、不器用 無骨なメキシカンファイターと云った印象です。兎に角、ノボアは比較的アップライトのスタンダートなスタイルなのですが、フック スイング アッパーを振り回し頭が低く 両選手バッティングで出血した激戦でした。有り難くねぇな・・・(笑)
オマケに顔はほぼ四角でメッチャ顎強そうです(汗) パンチは硬そうですね。

一言で言ってしまえば下手くそで無骨 これといったテクニックなど感じません。 昔 WBC世界バンタム級であの辰吉丈一郎を攻略し苦しめたビクトル ナバラレスの様なタイプです。左リードもクソもなくフック アッパーをフルスイング・・バランスは悪く、なりふり構わぬスタイルで危機を脱し、また好戦的に出てくるみたいな感じですかね。パンチの出どころはナバラレスよりは見えやすいと感じます。
何れにせよ決して相性の良い相手とは思えませんね。

スピードがありタイミングが良くコンビネーションも速く、反射の速かった辰吉を攻略した冱えない無骨なメキシカンファイターが教えてくれたのは、テクニックがあり強い者が勝つのではなく勝った者が強いと云う教訓でした。

頭は痛いですが、しっかりと対策とファイトプランを組み立てますか・・うーん(笑)
posted by ・・・ at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

大晦日の迎撃

今年の大晦日には、再びエディオンアリーナ大阪 名前変わってややこしいやん(笑)大阪府立体育館のリングに上がります。9月の試合から僅か、3ヶ月のインターバル・・。負傷がギリギリ癒える時期でもあり、逆から捉えると調整は比較的楽だとも言えます。

今回の試合は指名試合となります。ホセ アルグメド選手(メキシコ)は、昨年より本来はランキング最上位のトップコンテンダーでしたが プロモーターの2重契約問題があり1年間程試合から遠のいており現在のランキングは8位? しかし、IBFの指名挑戦者決定戦の延期の間に問題が解決しIBFの職権で6月時点の指名挑戦試合期限で最上位と云う事で対戦命令が出されました。

何れにせよ世界王者に義務付けられた最強の挑戦者との試合を大晦日に戦う事になりました。
互いに望んでいたWBOの田中恒成選手との統一戦や、WBAのバトラーとの統一戦は来年と云う事になりそうです。まずは、この難敵を迎撃 撃退する事に集中する必要があります。
アルグメド選手の印象は次回で・・・。
posted by ・・・ at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

明日は、どっちかわからんわ・・。

年末は、温泉でも浸かって板にワックスでも塗りながらボクシング観戦? かな・・年越しナイターでも。
何せ今年は、マッチメークに苦慮の連続 場外乱闘の連戦です。WBOとの統一戦は、両方 特にIBFはの指名挑戦試合の期限が6月に切れているので、厳密には統一戦では無くIBF現王者として剥奪若しくは返上覚悟でやるしか無さそうです。かたやWBOも指名戦を抱えているとの事。

こっちは、剥奪 返上でも問題は全くないのですけどね(笑)しかし、こっちの指名戦の相手が決まったのは8月の終わりですぜ・・期限は6月。元々3月に行われる筈の指名戦が再三にわたる延期の為、8月にIBFの職権により期限時点である6月の最上位のアルグメンド(メキシコ)を相手に年内にやれとの対戦命令が出ています。もう、指名挑戦者決定戦の延期が事情であれば、6月の期限時点でアルグメンドに決めて欲しかったですね。9月にアルグメンドを片付けて統一戦の認可が取れたと思うと残念です。

こっちはどっちでも何の問題もないですが、WBO王者の田中選手との対戦の経験のある原選手とも戦っているので返上しててでも決着戦をやりたいのが本音ですが、指名戦を避けたと言われるのも癪です。日本でも メキシコでも場所は問いません。指名戦や強い選手を避ける気などさらさら無いですが ま、今しばらく状況を見ながら考える事になりそうです。
posted by ・・・ at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

映像確認しました。

昨夜、映像を観ました。やはり課題の克服には長い時間が掛かりますね。今回の試合は、原点回帰の試合でもありました。年齢で落ちて来ていると云う事も耳にしますがそれは間違っています。現在のアスリートの選手寿命は明確に30年程の間に飛躍的に延びています。もし、過去の1980年前後レベルのコンディショニングを経験的に物差しにするのであればもう古い感覚でしか無いですね。勝成のフィジカルはケビンのお陰もありまだ伸びしろすらあります。

フィジカルの問題もそうですが、なかなか技術的な長所はすぐ伸びるのですが欠点の修正には時間と根気が必要です。次の試合も含め細かい事は言えませんが・・(笑)今回の試合では少し修正が効いたかもしれません。

原点は、一発に頼らず打たせずに打つボクシング。最悪、被弾しても致命弾は避ける。やはりディフェンスの技術には神経質になる必要を感じます。今回の原選手もコワい危険で避けにくいパンチを打って来ていました。前回のファーラン戦では、それ以前のDVDでの印象とはうって変わった仕上がりだったのでボクサーの世界戦でのモチベーションの向上に因る印象の違いを勉強した事も役立ちました。南アのブトラー等は、逆に敵地の経験も余り無く緩んだ部分も見受けられます。今回の様な原選手の様にフルスイングで行けば戸惑うのではないかと思ってしまいました・・。もう時間つくって一回ブトレーの試合もチェックしとこ・・(笑)
posted by ・・・ at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

秋晴れの試合翌日

空の高い秋晴れです。昨夜は、傷の新鮮な間に腕の確かなプロのDrに処置をして頂き帰宅はAM1時を回っていました。改めてファンの皆様 ジムや報道の関係者の皆様に感謝をさせて頂きたいと思います。

タフな試合でした。ほぼファイトプラン通りの試合でしたが、この試合に関しては今後の事も含め流血は避けたかったのですが残念です。原選手が絶好調だと云う事は軽量時に確信しました。勝成の過去の試合から試合序盤から積極的にポイントをピッアップして来ると考えていました。左のボディは前に出て打つのと出ばなにボディーへのカウンターとして足を止めに来る事。右は強くジャブに被せて来るのとオーバーハンド・・このコンビネーション。当然、弱いところは狙ってくるでしょうし効率的にTKO狙いもアリだったと思います。
原選手が絶好調であることは計量時に握手した時の体温を含めて確信しました。

ファイトプランは、攻撃的アウトボクシングやや射程距離は勝成が長いのを利用して距離をとり、地味で硬いジャブと右ストレート 速いボディワークで前半を凌ぎ怪我を避けながら消耗を誘い左右のボディ、右オーバーハンドライトを効果的使って仕留めたいと考えていました。

左フックのボディーと右オーバーハンド・・主武器は同じでしたが、原選手はフルスイングで勝成はコンパクトで速く命中率の意識の差が勝敗に繋がったのかなと思います。わかっていた事ですが危険なチャレンジャーでした。プランはあってもキャリアが優っていてもリングでは何が起こるか分からない恐怖があります。
一切の油断をせず、イメージを固めどんな状況でも冷静に勝機を探す事に集中しました。

大橋ジムの赤のジャージに対し今回は、ブルーのジャージを着用したのは冷静にアツくならず [付き合いの悪い男]のコンセプトで怪我せずチャッカリと勝ちたいと自制の意味もあったのですが甘くはないですね(笑)
声援を頂いたファンの皆様に改めて感謝させて頂きたいと思います。これでまた未来への道が拓けます。
また一つ良い勉強をさせて頂きました。
posted by ・・・ at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

爽やかな朝

予備検診も終わり今日の調印式 計量を終えると勝成は減量生活から開放されます。良かったなー(笑)
最終練習には、サプライズのイーグルデン・ジュラパンが激励に来てくれました。2人の世界王者がリングで動いているのをみると、これからスパーすんのか? みたいな華やかさと明るさがありました。2人とも眩しい程の笑顔でした。試合後、人生の友人としてタイでの再会を約束していました。

状態はbest! いつもながらに裏方で支えてくれた仲里ジムの皆 ライトニングKのチームの皆に感謝します。そして明日 会場に来て頂けるファンの皆さんが満足していただける試合をしたいと思います。
稲妻が光って落雷するのかブレーカーが吹っ飛ぶのか・・観客席でゆっくり観たいですわ(笑)
posted by ・・・ at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

秋の雨 天気予報9月27日は雷雨

昨日までの爽やかな天気とうって変わり今日の大阪は雨です。
今日は14時から公開練習ですが実質的に勝つ準備はほぼ完了しています。この試合は、ミニマム級でのキャリアハイに向かう試合と云う位置づけです。ようやく筋金入のミニマムウェートになりつつあると感じています。ミニマムでのピークへのアタックの為に決して落とす事の出来ぬ一戦となります。

この10年程の間、イーグル 新井田 ローマン ジョイと云った防衛数の多い強豪とのタフなファイトが続きましたが、今日現在、このウェートでのバランスのとれた完璧なコンディションに近い状態です。体格的タイプ的には今回の防衛戦の相手の原選手は、サイズ的には新井田 マリオロドリゲスに近いイメージです。バランスのとれた攻防技術 アマ経験も豊かな選手です。世界戦のリングの怖さはキャリアを積む程に増して来ているようにも思えます。決して慢心せず世界戦で過去に戦ったファイターと再戦するイメージで準備していますよ(笑) トラブルに陥ること無く勝つ事は望んでいますが、どんな時も勝機を探し勝つ事を優先します。ファイトプランとイメージは出来上がっています。

私的天気予報ですが、9月27日の府立のリング上は雷雨ですね(笑)
稲妻と落雷が轟くライトニングKの夜になると思いますが・・。
posted by ・・・ at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

モデルチェンジ

いよいよ後、1週間程ですが今日でひとまずの目処がつきそうです。最近は筋量も増加し減量も10キロ近くしなければなりません・・なかなか調子が上がらず、うぇ? あ、マズイな・・(笑)でもまぁホンマの事やから。工夫やいろいろと苦労もありますが、もう出来ちゃいそーです。(笑) 後、今日の夜さえクリアすればもっとテンション上がるのですが、ようやくキツかった1ヶ月が終わります。

ボクサーのモデルチェンジはなかなか出来るものではありません。ここの所、やや荒っぽく力任せに仕掛けてきましたがこの機会にもう1度弱点等を洗い直したいと考えて、WBCやWBAの王者の時の映像と最近の試合の映像を比べたりしています。随分と変貌してきたと思います。技術が洗練され無駄がなくパワーもついて来ています。カルロスメロとの試合は1回目の技術のピークかもしれません。海外挑戦時代で2回目のピークはジョイ2戦目、実際この頃のジョイは、あのローマンゴンサレスより強いと感じる程でした。もし、この頃の勝成なら確実に次の試合は何の問題も無く圧勝でしょうね(笑)

まぁ勝負の世界にたらればは無いので、年齢を考えても原戦は第3の新たなピークに向かうのか現状を維持するのか 若しくは王者としての陰りを感じる分岐点の試合となってしまうのか?を問われる試合になると感じます。冷静に考えるとこんな感じでしょうかね。

ほんで、結論はどーなんや? ですよね・・ 
勝成の言葉を借りて表現すると、いいですね。ですわ! 何がどうええねんな・・(笑)
試合開始早々から襲いかかってきてポイントのピックアップに出てきても アウトボクシングに来ても必ずコチラのリズムに巻込んでライトニングの世界に引きずり込みます。あ?ちょっと待って・・(汗) 勝利宣言は、今夜の練習を怪我無く終えてからですねっ。

今夜、無事練習を終えれば温泉にでも使って美味い会席料理でも食べていつもの様にリラックスしますわ。
posted by ・・・ at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

ウィークポイント 今、やるべき事。

試合まで2週間をきりました。いつもの事ながらこの時期は、練習のピークであり疲労とも上手く付き合う必要もありながら実は一番怖いのは怪我です。1日1日が薄氷を踏むような思いでメニューを消化して行くのでこの時期が一番消耗しますね。(笑)年々、神経が細くなっていく様です。

ワールドチャレンジの時は、試合がちゃんと開催されるのかどうかや現地の環境 気候なども含めもっとシビアな部分があったのですが逆にいつでも出撃出来るような研ぎ澄まされた状況がありましたが、それに比べると随分と調整は楽ですね。

今やるべきことですが、兎に角コンディショニングに集中する事です。6年前 ワールドチャレンジ時 国内復帰以降のDVDをチェックし直しました。技術やフィジカルは進化していますが、ここ数試合は荒っぽさが目立ちますね。まずは、現在修正出来る事を確実にやりたいと思います。原選手に関しては、3つ程(笑)弱点は見つけていますがそこを衝けなくては意味がありません。
今は、ユーチューブやその他 情報がいくらでも手に入る時代です。それでも先ずはこちらのコンディションを完璧にしたいと思います。
posted by ・・・ at 09:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

決戦まで2週間

昨日、東京での記者会見を終え社業をしています。勝成はケビンの最終トレのチェックを終えると今日夜に合流の予定です。概ね順調だと感じています。デビューは、Lフライで全日本新人王 約15年をミニマムウェートで戦っていますが最近は大平戦を除き、実質的にはLフライ フライウェートの選手との対戦が多かったように思います。ボクサーにとっての適正ウェートの見極めは最も大切な事の一つですが、自分は骨格の様なフレームと身長は重要だと感じています。

原選手 身長的には思ったより小柄でしたね。まぁインターネット等の技術革新の高速化で映像や情報が簡単に入手できる時代なので年々、研究されているなと感じる様になってきていますし筋肉量も増え年齢と共にピーキングも少し難しくはなってきていますが、21歳でWBCを獲った頃に比べ格段にフィジカルや技術は進化しています。

リングの上では何が起こるかと云うボクシングの怖さも経験と共により感じる様にもなって来ていますが、入念にイメージトレーニングを行い試合当日にベストコンディションに持っていく事に今は集中したいと思います。
posted by ・・・ at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする