2016年08月22日

終わってしまった・・有難う。

もっと熱い試合を続けたかった。無常にも3Rにバッティング・・
試合は6Rで終わってしまいました。この結末は予想出来ていた事です・・あれぼど、バッティング対策を考えていたのに。試合後から 深夜の縫合手術の間もその事ばかりを考えていました。

真の意味で、応援や支援 声援に応える唯一 シンプルで明瞭な方法は勝つ事だと思っています。
試合に負けても、落胆や悲しい思いをしながらも変わらぬ応援や励ましの言葉をかけて頂き心から感謝しております。幾度勇気づけられ、前に向くチカラを頂いた事かわかりません。そうした意味では、プロとして勝利を手にリングを降りることができた事にほっとしています。

出来ることならこの日の為に厳しいトレーニングを続けてきた2人のボクサーを最後まで戦わせてあげたかったと思います。何故、1Rにいきなり距離を詰めてしまったのか? バッティングの起きるラウンドまで前のめりに入ってしまった事が悔やまれます。4R 5Rに展開した引きながらの右カウンターや1発のダメージを与えるパンチよりコツコツと地味なカウンターやショートパンチが 怪我をせずに完勝する為のファイトプランのボクシングでした。バッティング以降は、ぼぼ完璧でした。

毎度毎度のバッティングに関してしっかりと・・一瞬の事とは言え何故、最初からバッティング以降のボクシングで入れなかったのか? 徹底できなかった自分のヘボさに癖へきしますわ・・痛恨であり繰り返される怪我に心の沈む夜でもありました。あーもう・・ 次ですね。

あれだけのハイスピードで展開される試合の中で一瞬のリスクを回避する事は何大抵ではありません。
しかしこれから先、今までの実績を考えるともう勝って良かったの次元では無いと感じます。応援してくれるファンや相手選手 何よりも自分達の陣営や自身の為にも精度を高めないと話にならない!と痛感する試合でした。

ファンの皆様 丸元会長 加納陸選手 スパーリングに付き合ってくれた近大のボクシング部の関係者の皆さんや花形ジム 大平選手 報道関係の皆さんに深く感謝します。有難うございました。
posted by ・・・ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント