2016年05月23日

まさかの世界戦 感無量の記者発表

WBO世界ミニマム級の王座を加納陸とやる事になりました。年末の指名戦を失い、とにかく世界タイトルの再奪取を目指す中、あまりにもドラマチックな試合を闘う事になりました。3年前、IBFの世界タイトルをメキシコから持ち帰った時、勝成が初世界王者の獲得時に幼少時の服部海斗との再会に驚き加納陸と共に、 15歳のサウスポーの2人のスパーリングパートナーの才能に驚きました。

海斗が病魔に襲われ他界し、残された加納陸は世界ランカーと元WBO世界王者を連破しトップコンテンダーとして勝成と対峙します。色々な想いが交錯し同時に記憶がフラッシュバックします。
海斗と陸、共に世界王者の最年少記録の樹立に燃えていました。記録の達成をスパーリングパートナーとして先輩として後押ししたい気持ちもありましたが、あまりにも筋書きのないドラマに感無量の想いがあります。

タイトルを失い、狙いをつけたWBOの世界タイトルに急速に接近して来る陸を意識しながらもWBO元世界王者であるサビージョは、陸には厳しいのではないか?と云う想いで東洋タイトルを観戦していました。いずれにせよこの試合の勝者とは戦う事になると考えていましたが、サビージョと戦うつもりで準備していた事も否定出来ません。もしかすると、潜在的に心置きなく戦えると云う想いもあったかもしれません・・。

いずれにせよ、陸は厳しい世界ランカーとの2試合をクリアし世界ランキングの1位に上り詰めてきました。
今日、記者会見でサビージョ戦後 加納陸君から加納陸選手になったと勝成が言っていましたが、その通りです。これからの未来を賭けて、陸が勝成の未来を奪う可能性のある存在としてはっきりとしたターゲットとして認識すべき日となりました。陸の最年少記録樹立を阻止する事が、新しい未来を切り開く事になります。

陸が勝成を破って最年少記録を樹立するのか、勝成が5度の世界王者返り咲きを果たし16度目となる世界戦を新たなスタート地点とするのか・・8月20日の運命のゴングの日まで全力で準備をしたいと思います。

最後になりましたが、必ず海斗も納得する試合にしないといけませんね・・。
posted by ・・・ at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント