2015年12月11日

メキシコからの刺客 ホセ アルグメド

指名挑戦者のホセ アルグメドですがこのインターネットの時代に考えられない程映像資料がありません。前WBC世界王者のオズワルド ノボアに10Rを戦って勝った実績があります。

以前、当時のWBC世界王者であった中国の熊とノボアの試合を勝成と海南島で観戦しました。熊が防衛すれば、IBFの王者である勝成との統一戦が実現していたと思われる試合はTKOでノボアが新王者となりました。

生で観たノボアとの映像資料を観ましたが、不器用 無骨なメキシカンファイターと云った印象です。兎に角、ノボアは比較的アップライトのスタンダートなスタイルなのですが、フック スイング アッパーを振り回し頭が低く 両選手バッティングで出血した激戦でした。有り難くねぇな・・・(笑)
オマケに顔はほぼ四角でメッチャ顎強そうです(汗) パンチは硬そうですね。

一言で言ってしまえば下手くそで無骨 これといったテクニックなど感じません。 昔 WBC世界バンタム級であの辰吉丈一郎を攻略し苦しめたビクトル ナバラレスの様なタイプです。左リードもクソもなくフック アッパーをフルスイング・・バランスは悪く、なりふり構わぬスタイルで危機を脱し、また好戦的に出てくるみたいな感じですかね。パンチの出どころはナバラレスよりは見えやすいと感じます。
何れにせよ決して相性の良い相手とは思えませんね。

スピードがありタイミングが良くコンビネーションも速く、反射の速かった辰吉を攻略した冱えない無骨なメキシカンファイターが教えてくれたのは、テクニックがあり強い者が勝つのではなく勝った者が強いと云う教訓でした。

頭は痛いですが、しっかりと対策とファイトプランを組み立てますか・・うーん(笑)
posted by ・・・ at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント