2015年06月13日

再戦命令だと・・

先般のモントリオールでのIBF総会は、カナダの往年の名選手マシューヒルトンの横で食事をしながら 他団体との統一戦や刺激的なカードを模索する中でと言うか妄想する中で(笑)波乱のラストナイトを迎えました。何とファーランサックリンJRとの再戦命令の可能性を言及され、そして数日後、その事は現実となりました。
何言うとんねん?ですわ・・

フーラン選手の父親は、IBFのミニマムのベルトを7度?防衛しあの試合はタイで全国放映された様です。判定の内容や途中経過に関しては何のクレームも無かったとの事ですが、JBCの中村レフリーのバッティングのオフィシャルへの指示が明確でなく タイ陣営は第8Rの勝成の傷はパンチによるものであると主張。立会人であるリード氏も記憶が曖昧で明確な指示があったのかを回答できなかったためVTRを検証。

IBFは、VTR検証の結果 パンチであるともバッティングであるとも明確に確認できないものの中村レフリーの
オフィシャルへの指示の瑕疵の可能性を認め再戦相当との結論に達した模様です。

ま、試合前から負傷していたので出血原因が曖昧なのは理解できますが傷が開いたのは明らかなバッティングでVTRでも確認が出来ています。問題は、我々の陣営への連絡が遅かったことです。総会のさよならパーティーの直前とは・・(笑)えらいサプライズ演出をしてくれたものです。

タイ側の心情は理解できます。そりゃ自分の選手に再度チャンスを与えるためにbestを尽くすのが仕事ですから。

でも結論から云うと承服できませんね。まず、試合経過に於いてタイ側も認めていますが試合を支配していたのは勝成であり プロの立場から云うと他で出来るできないは別にしても次のマッチメークの模索をしているのにダイレクトでの対戦命令は乱暴な話です。直ちに、IBFに第8ラウンドのアイホーンではありますが、レフリーがオフィシャル席にバッティングのあった旨を伝えている明確な映像がある事と、我々が経験したええ加減に管理された海外の世界戦でもレフリーの裁量権とリングの中での権限は絶対的なものの筈です。(ルールミーティングでも明白)
いつも思う事ですが、海外の世界戦に比べJBCの試合運営に於ける管理は完璧です。(時間やドーピング検査等) この事は、過去のこのブログでのJBCに対する意見とは別の次元の問題です。海外で戦うのと国内で戦うのは立場も違いますが、海外のローカルコミッションのええ加減さを知る者としては心強く感じる部分でもあります。

ひでぇ話ですが、フィリピンのバギオなら負傷を理由にTKOと云う判断を下されている可能性すら俺も勝成も否定はしません。しかし、今回の世界戦に於いてレフリーはそもそもIBFが任命ししています。
現在は、ややペンディングに近い状況まで押し込んでいます。以上が現在の状況です。ま、良識的判断を得れるようこちらも主張すべき事はするつもりです。

本当に戦う必要があると判断されるのなら、拒否はしませんが合理的な判断を徹底して要求しますわ。
posted by ・・・ at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

海斗へ

海斗 闘病の疲れを癒しているか? もう そろそろ体動かしたくなってるやろ(笑) 兄貴と陸 勝ったで! 当然 観てたやろうけどな。相変わらず色んな事でバタバタしてて俺は行けんかったけど勝成とか皆で応援に行っとったわ・・。良かったな。そっちは強い奴おるか? おう頑張れや・・。また会おな。

もし、電話で服部海斗と話せたらこんな感じですかね。2月に若くしてこの世を去った服部海斗の想いを継いだボクサーが昨日 それぞれに勝利を収めました。まずは、WBAアジアミニマム級チャンピオン 加納陸と Lフライ級で勝利を収めた服部力斗を心から祝福したいと思います。2月、丸元会長の海斗のリングシューズの写真を見たとき不覚にも涙しました・・。男は何があっても泣くな。くらいに思っていますがホント辛かった。
怒りや感情のもっていきようを探したら、海斗がやりたかった事を引き継ぐしかないのでしょう。良くやってくれました。

これから先、タイトルまでは途方も無い道程です。防衛する方も並大抵ではありません。
未来に・・ 陸と力斗の今後にエールを送りたいと思います。力斗 ひとまず タイトル取るまでは泣いたらアカンぞ。
posted by ・・・ at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

梅雨かぁ・・

何となくすっきりしない気分ですが、ま こんな日もあります。昨夜、田中ーイエドラス戦を映像で観ました。ほぼ会場で見たのと印象は同じ様な感じでしたね。何か、勝成とイサックブストスとの試合に重なる部分もありました。無骨で不器用ながらフィジカルの強さで圧力をかけてくるメキシカンを日本の新鋭ボクサーが上手くアウトボックスしてあしらいました。

出来れば近い将来、4団体の王座統一に向けた統一戦の幕を落とす試合として南アのWBAのブトラー WBOの田中恒成のどちらかと統一戦を実現させたいですね。

ただ、それまでに何を片付けなければならないのか?指名挑戦者の決定戦も延期された模様です。まずは勝成の目の上の傷を癒してコンディションを維持する事が鮮血・・あ?間違ごーたわ(笑)先決ですよね・・。
あースッキリせんなぁー。
posted by ・・・ at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

再開します。

仕事でバタバタしていた事もありますが、サーバーか何かの設定の問題かブログにログイン出来なくなり暫く更新が出来ませんでした。先日、やっと復旧しました。
パッキャオVSメイウェザー戦 やその他 更新の準備をしていたのですが機を逸してしまいましたね。またの機会に・・

先日の日本最速世界王者を獲得した田中恒成VSジュリアン イエドラス戦あたりから始めたいと思います。
この試合、たった4試合しかプロの試合の経験のない選手としては素晴らしい内容だったと思います。
このキャリアで世界戦を戦うと云うのは、フィジカル的にもメンタル的にも驚異でした。特にフィジカルにものをいわせてプレッシャーをかけてくるイエドラスの猛攻を凌いだメンタルの強さは楽しみな選手だと思います。勝成の保持したベルトでしたが、同じ日本国内の選手の手に渡った事を嬉しく思います。
統一戦をやりたいと言うのは勝成も同じでしょう。

現在、次の試合を巡り難問が山積です・・。ま、いい事も悪い事もですが(笑)
これからこまめに更新します。
posted by ・・・ at 16:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする