2013年06月22日

国内のリングへ

色々な選択肢の中、日本のリングに戻る事を決めました。改めて 理解を示して頂いた関係者の皆さんや日本のボクシング関係者の皆様に感謝とご挨拶をさせて頂きたいと思います。WBC WBAの二団体制覇の頃からのカツナリの夢であり目標であったIBF WBOの団体の制覇に付き合い(笑)エライ目に遭いましたが、それ以上の興奮や感動や喜びやら哀しみを味わう事が出来ました。本当に、夢の様な そしてこれ以上ないと云う過酷な闘いでもありました。当時は、右左どころか何も判らない道程でしたが運よくIBFのタイトルを掴む処までは辿り着きました。一人では決して辿り着く事の叶わない道程でしたが、日本を離れてからも変らぬ声援や支援を頂いた皆さんにもこの場をかりて深く感謝したいと思います。JBCが、IBF WBOを認可した事により敢えて海外で戦う理由も無くなりました。そして元々 WBC WBAのタイトルはJBCの元で手にしたタイトルであり日本のボクサーです。今も、ボクシングの世界王者は本物が一人で良いとカツナリも自分も感じる所は何一つ変わってはいません。世界王者が乱立する国内のリングで海外で得た経験で鮮烈なメッセージをカツナリの拳から放たれる日を次の道標にしたいと思います。


posted by ・・・ at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。