2013年03月31日

ケリをつける・・・快晴のスタジアム

今、会場の下見を終えました。野球のWBCにメキシコの代表選手を送り出したと云うグアサベの野球場の特設リング(笑)想像以上の雰囲気です。内野席にリング 球場のカクテル光線とリング上15メートルの照明。リングの上でマットの材質とリングシューズのチェックをしました。JBCに引退届を提出してまで追いかけた4団体制覇の夢・・何度も挫けそうになりましたが、辿り着いた舞台は、これ以上ない程のそして、日本から遥か遠いメキシコの地方のリングでした。7時間後の熱狂的な歓声が聴こえてきそうです。勝つために全力を尽くして闘います。王者も又、グアサベ初の世界王者!メキシコとグアサベの人達の想いを背負ってリングに上がります。笑って結果を受け止めようと思います。いまは、このチャンスを与えてくれたすべての何かに支えてくれ日本を送り出してくれた人達に感謝してその時を迎えたいと思います。日本時間2日、IBFの赤いベルトを新しくコレクションして桜の咲いている大阪に戻ります。有難うございました。


posted by ・・・ at 04:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

南米の灼熱の太陽

眩しいそんな印象です。南米メキシコの太陽の輝きは全てに熱をこもらせるようなエネルギーがあります。今日は、比較的自由なのですが明日からは地元の記者 会見 公開練習 計量 ルールミーティングと世界戦独特のスケジュールが消化されて行きます。練習のか環境や食事に関しては、完全にこれまでの経験が生かせています。又前王者のジョイ敗戦に関しても、ジョイサイド メキシコサイドの双方の情報を得ることによりより真実に近い推測が出来るようになりました。ジョイ陣営が、初めての海外での試合に相当にナーバスになっていたとの事です。ジョイサイドからは、練習場にスパイがたくさんいる等のアドバイスも含め試合での印象や経過などの情報を得ましたが、メキシコサイドは異常に神経質だったとの事です。確かに練習場では、このくにの人気スポーツであるボクシングのギャラリーが沢山いましたが、スパイと思えば皆そう見えますし、フアンだと思えば陽気なラテンのフアンに見えます。(笑)どっちに見えてたかというと、フアンと見ておきましたが、、、。(笑)
もう試合前 一週間をきって重要なのはコンディションと怪我です。この問題があるのであれば隠さなければなりませんし無いのであればアピールすべきです。仮に怪我やコンディション不良があっても好調をアピールすべきです。もう既に試合のゴングはこの地に来た時から、いやもっと前から鳴っていると感じています。ジョイの場合、自爆と見た方が正解かもです。あんな強ぇ王者が自爆かいな・・。海外、敵地での試合の厳しさが見に沁みます。そういや、サッカー代表チームもアウェーのヨルダン戦を落としましたか・・・怖わー。
コンデイション?好調ですよ!(笑)こんな話しの後じゃ狼少年ですよね・・(笑)気候などへの馴化も大丈夫みたいです。だって俺ちゃうもん(笑)俺にはそうみえますが・・・週末まで集中して細心に準備をします。
楽しみに思えてきました。
posted by ・・・ at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

グアサベ 決戦の地

ボクシング王国メキシコの地方都市グアサベに着きました。新大阪を出てから実に30時間…南アのイーストロンドンよりも遠く感じました。ただ、今回は到着後少しだけフォームの確認のため体を動かしました。気候は到着が夜11時近くなので思ったよりも涼しく灼熱の地と云うイメージはありません。しかし、陸路でメキシコへの国境越えの地であったティフアナの住民は、グアサベは、暑いぜと脅かされましたが、(笑)グアサベは昼過ぎでしたが結構、気温は上がって ましたね。もしかすると、昼夜lの温度差が激しいのかも知れません。明日になれば分かる事です。道中の陸橋等に、試合のPRのデカいボードがあったりでこの国のファンが終末の試合を楽しみにしているのが分かります。明日の夜は、中継のあるTV局に行くという予定が組まれていることをプロモーターサイドから聞きました。わざわざ、30時間をかけてインタビューを受けに来た訳ではないので気候を読んで効率的なコンディショニングの方法と方針を明日、決めます。
それにしてもネット環境の整備により情報の収集と発信に関しては素晴らしい時代になった気がしますが、情報のわからないミステリアスな部分が無くなる事でドキドキ感や感動感じ方がかわってきましたね・・ティファナの空港近くでは、かつてのメキシコの世界王者ディエゴモラレスが出迎えてくれたのですがエライ体重を増やしていて誰かわかりませんでした。(笑) 何れにせよ、何とかグアサベに辿り着いた報告をさせて頂きます。
posted by ・・・ at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

2013.3.24 AM0:55 OSAKA

眠いです・・。まだ会社のオフィス。早朝にMexicoに向かいます。新幹線で成田 LAから陸路バスで国境を越えメキシコのティファナ そして航空機でクルカン? どうも試合会場のあるグアサベと云う地方都市の近郊の空港ですかね・・そっから又バス(笑)もう、笑ってしまいますわ・・。30時間はかからんのとちゃう?みたいなのりですわ。現地は38℃と云う情報も(グーグル)ま、何でもええけど過去2度の死闘を演じたニコシナティジョイもコレにやられたんかとすら感じます。ワールド記念ホールでの、日本最後の試合から世界戦3度目の挑戦です。過去二度は、舞台こそヨハネスブルク イーストロンドンと違いますが南アであのミニマム最強と言われたジョイ選手にノーコンテスト 3-0の判定でタイトルの奪取に失敗しました。2度目は正直、勝機はあった試合です。そして3度目は、ラバーマッチでジョイだと感じていました。ラバーマッチ・・恋人でもないですが(笑)まさか、あのジョイが負けるとは。初めての海外試合、カツナリが指名戦で勝てば激突が必至の状況下で安全と見て選択したMexicoのロドリゲスに敗北を喫したと云うニュースは衝撃と同時に、無名のフィリピンのマティオハンデイング戦さえ取ればと慎重を期した試合で強烈な地元判定で試合を失い、ボクシングの恐ろしさ、アウェーで勝つ事の難しさを知ると同時に未来を失った夜から半年・・。3度目のチャンスは、九死に一生の状況から掴みました。

4月から、JBCは、IBF WBOの2団体を承認し日本のボクサーに4団体の王者に挑むチャンスが拓かれました。この事は、ボクシングの王者は世界最強で一人と云うかつての本質からは離れましたが現実的には4団体乱立の時代 最強を求めるのなら統一戦や複数団体を制覇するしか証明できなくなっている事も事実です。何はともあれこの認可直前の3月30日の試合は勝つことでしか未来を拓くことが出来ないと感じる試合になります。この試合を確実に勝つ事に全てを集中したいと思います。そして、ちょうど1年前のこの日は、ジョイとの因縁の2戦目の行われた日でもあります。どの様な結末が待ち受けるのか、明日 決戦の地に向かいます。最後に、熱い声援や支援を頂いたすべての皆様に、プロである以上明快な解答はタイトルの奪取です。今までのキャリアと感謝や悔しさや声援を胸に必ずIBFのタイトルを奪取し4団体制覇に王手をかけて応えたいと思います。
本当にありがとうございました。感謝を胸に日本を後にします。
posted by ・・・ at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

もう、やるしか無い!

調整は、至って順調です。筋肉がついた割には減量も一時、心配はしましたがうまくいっています。現在のきがかりは、トップコンディションを完全に維持してやっとスタートラインだと思う事です。まず、グアサベというメキシコの小さな街までの移動手段が明確になっていません。南アの時より遥かにタフな移動になりそうです。また、最新の現地の天気の情報からは気温が40℃に近付いているみたいです。ネットで情報を得れるようになったとは云え、生身の人間ですからね。もう、やるしか無いってぇとこでしょうかね(笑)
posted by ・・・ at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

SAKURA 桜

SAKURA 桜 日本人にとって美しく儚い心の故郷の様な花の咲く季節も近づいてきました。その前に、その情景に水を差す鼻水の季節ですが・・(笑)このブログを書き始めて毎年の様にテーマになりますが、Mexicoから泉州の上空にさしかかる頃、IBFのベルトを持って山桜を眺めたいと思います。WBCのベルトを獲った時、桜の下でスポーツ紙の一面を飾ってから9年近くあの頃からは想像も出来ない長い道程になってしまいました。あの時の相手もメキシコ人でした。その昔、世界戦のTV中継で勇壮なメキシコ国国歌が流れれば日本人選手にとってタフな試合になった事が思い出されます。あの時は、大阪のホームタウンで完全にメキシコのファイターをアウトボックスしましたが、今回は敵地 アウトボックスで勝てるとは考えていません。今月末、Mexicoに向かう時は、特攻機の片道切符のつもりで行く事になると思います。一日一日 スケジュールを消化していきます。楽しみにしていて下さい。
posted by ・・・ at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

早朝の中之島

15年近く・・中之島にも多くの想いでがあります。プロデビュー前からここで集中的な心肺と下半身の強化トレをしてきました。チャンピオンになって奄美大島や海外でのキャンプもしましたが原点の詰まった場所です。今日のメニューは、1800m×4 400mダッシュ×20をベースに上半身も鍛えます。ここの住む人達・・昔は、ブルーテントの友人が沢山いました。風景も整備されてキレイになりましたがタイトルを目指してるのは今も昔も変わらないですね・・・
posted by ・・・ at 07:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

コンディション 悪い情報

現在のカツナリのコンディションですが極めて良好です。国内試合を標準にするなら絶好調・・走り込みの疲労の中で10Rのスパーリング 反射 スピード パワーも維持しています。後、30日 筋量を維持しながら5%程度のパワーアップと減量を同時に予定しています。コワいのは怪我 拳周辺 カットやボディーの損傷を負わないようにしなければなりません。どんなに注意を払ってもアクシデントの起きる時は起きます。厳しい所まで追い込めばリスクを伴うのは当たり前、なので 暫くはビビりの自分としては(笑)胃の痛い日々です。コンディションに関しては、メキシコの現地の状況の確認をして移動の時間や外気温 食事をどうするか?対策を立てます。ライバルのジョイがコレでいかれた現実があるので国内で完璧なコンディションを創ってから本当のコンディショニングに入る気でやらないとだめですね・・。

Mexicoの知人と話しましたが、やはり地元判定は露骨な様です。陽気なラテンの気質なのかTVの解説でも平気でコレ負けてたんちゃうのん(関西的には・・笑)みたいなコメントも飛び出すそうです。正直な所、覚悟はしていたとは云え厳しい現実を突きつけられています。倒せばしまいなんですけどね・・実際、日本で戦ってた頃は、パンチをあててディフェンスを意識し無理をせずみたいな処があった事を否定しません。逆に、世界のトップを決める試合で最後まで立ってれば何とかなるさ・・って来られるとなかなか仕留めるのは厳しいです。カツナリはパワー型や無いですから・・。

今回は、ファンの皆さんの温かいご支援や声援を凄く感じています。あと30日 一日一日を消し込む様にキッチリと使ってコンディショニングをやる事で応えたいと思ってます。
posted by ・・・ at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。